フォト

チワワ軍団

  • オラ 悟空!
    おそうじ日記とは関係ないんだけど。 総勢6匹のわたしの子供達です。

« 2015年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年4月

2016.04.14

シンク鏡面研磨(埼玉県40年物)

死んだと思われるのもなんだかな~という感じなんで、活動しているところをさらりと更新しておくかな


2016041401

築年数40年を超える埼玉県の一戸建てのお家のシンク鏡面研磨と、ステンレス部分の鏡面研磨のご依頼でした。


これは、シンクの鏡面研磨施工を終えた後の写真です。ガリと茶スコでここまで・・・以下自粛(笑&三味線)

今日のシンク鏡面研磨は、デベロッパー・分譲物件オーナー・工務店・不動産売買業者様向けへのバージョンです。

作業のごく一部の写真ですが、シンク鏡面研磨磨き画像のページもありますので見てみてください。常にできるレベルのものしか載せていません。


築年数の割にはへこみも少なくきれいに使っていらっしゃる。


2016041405


これはステンレスシンクの鏡面研磨をする前の写真です。
御依頼される方は、みなさん写真を添付してくれます。


塩酸系洗剤で変色してしまったステンレスシンクや、スルファミン酸・シュウ酸で焼いてしまった御依頼が後を絶ちません・・・


試すなら、ちょっと試して理論上リセット出来るものを用意してやらないとだめです。


いきなり湿布かましたり、広範囲を攻めてやらかす前に必ず試してから行ってください。


今はね、手軽に業たるものでも注意して行わなければいけないような成分の洗剤がネットで買えてしまいます。問題あるよね・・・


建材だって常に進化というか退化というか、ハイブリットというか変化しています。


常識やセオリーはある程度通用するが、やっぱしチキンにならなくちゃダメ!


後は、中性にだまされないこと!


グリコールやアミン等の分量によってはかなりいたずらし、取り返しがつかなくなる。


中性=ナチュラルじゃあないです。


なんでも疑ってかかるぐらいでちょうどよいんじゃないかな?と思うよ。


ネットの情報や、ユーチューブの動画なども参考にするのは良いけど、材料を把握していない人がやっている場合も多いんじゃないかな?危なっかしいね・・・


ステンレスシンクも、グラインダーやミニコでやっちまったのを、何とかしてください・・・来るんだよね~(笑)


2016041402

別の角度からの写真です。

今はなかなかお目に書かれないWステンレスシンクです。


2016041403

これはいわえる「波平」波板のワークトップ部分です。

検索で、天板という検索の仕方はあまりしないようです。

ワークトップと総称して呼ばれるようです。

このように、手をかけてあげれば物が良いだけにまだまだ使えます。

・中古の分譲住宅を買った方
・リフォーム会社さん
・不動産屋さん
・オーナーさん
・入れ替える予算がない方


お日にちが合えばどうぞご利用ください。
ひと月5名しかお受けしませんのでお早目のご予約を!

玄関大理石の鏡面研磨・人工大理石の鏡面研磨等もひと月5名様までとさせていただきます。

何かにピンときて、私を選んでくださる方が多いのは大変ありがたいのですが、そればっかしやっているわけにはいかないのです。毎月のお客さんや、他のメニューもあります。

2016041406

これは三鷹の現場の、ステンレスシンクとキッチン人工大理石ワークトップの再生研磨コーティング後の写真です。

素敵ですね!

でもね、コーティング特性やマッチングについてryoとナオキンに相談しました。

わからない事はわからない。正直に教えを請うことも必要だと思います。

背伸びし過ぎないこと。
一歩進んで二歩下がる。


恰好じゃめしは食っていけません。
でも、ケツ拭けな行けりゃ、もっと恰好が悪いです。

経済活動をしているわけで、お客さんは信用してきてくれている。
お客さんも真剣ですが、私も真剣です。

明日も真剣さを表に出さず、いいとしぶっこいてそこら辺のあんちゃんみて~な行かれた格好をわざとしつつも楽しみながら楽しんでいただけるように努力します。

さあ、晩御飯の支度をしてきます。

« 2015年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28