フォト

チワワ軍団

  • オラ 悟空!
    おそうじ日記とは関係ないんだけど。 総勢6匹のわたしの子供達です。

« キサンタンガムでの増粘 | トップページ | 草加で引越前のハウスクリーニング »

2009.04.05

中野区で水周りクリーニングとエアコンクリーニング

今日は中野区で水周りのクリーニングの予定で3人でお伺いしました。

吉沢君は板橋区で風呂のクリーニングです。


住んで2年ちょっとぐらいかな?きれいに使っていらっしゃりました。

水周りのお手入れも結構行き届いています。
そうなると許せないのが「水垢」です。

それもそんなにガッツリではありません。でも許せないわけです。


お客さんの考え方は様々です。

きったないから頼む、きれいを維持したいから頼む、リセットしたい・・・様々だよね。


きれいだと思ってしてはいけないよと僕は言います。
気持ちに油断が出るからです。

こ汚くてもキレイでもやることは基本的に一緒。
キレイなところは更にキレイにするだけです。


意地になり洗濯機の排水溝をクリーニング。

なんだか臭う・・・
そういわれれば冷蔵庫を動かさなければいけない状況でも、何とか工夫してクリーニングしました。前川君は細身です。私や吉沢君なら20センチ足らずの隙間には入れません。


排水溝がしまっていなくて臭いがするわけじゃなく、排水溝の中も酷く汚れてにおいがするわけじゃないこともわかりさっぱりしました。良かったです。


キッチンから見えるエアコンのハネがなんだかゆがんでいるのが見えて、ちゃんとは待っていない状況が長く続いたため変形していた模様です。

それを直して取り外し方をお客さんに教えていると、エアコンのファンがとんでもないカビカビでした。


狐:これ!俺ならこっちのクリーニング先行してやるけど・・・そのぐらい酷いですよ。
で、鍵につけてあるLEDで照らして状況を見せます。

Aさん:「うっ!」「エアコンもお願いできますか?」

狐:「大丈夫ですよ」

Aさん:「寝室と2台お願いします。」

狐:「解りました。寝室はかびていますが、リビングほどじゃありませんね。」


今日はキッチンをやろうと思っていましたが、清家君にキッチンから入ってもらい、僕は追いかけて収納の表面とシンクをやりました。

で、お客さんはと言うと「グラスターポリッシュ」で窓ガラスを磨きます。植木に水をあげるついでに窓も洗っちゃおう!!ってこと良くあると思います。

でも、しょっちゅう水かけてると窓ガラスに「水垢」ついて取るのがたいへんになります。
かけたら拭くようにしましょう。

Aさんは「水垢窓」に僕の貸してあげたスポンジで塗りこんでいました。刃を替えた3枚刃と道具を貸してあげればよかったかな?途中で挫折してしまいました。

雨の場合は降ってくる過程で、二酸化炭素や亜硫酸ガスなどの影響によりその性質は酸性なのに対して、水道の水は酸性ではありません。ここにも大きな違いがありますね。


足立さんが写っているね「熊本のハウスクリーニング屋さんの日記」をネットサーフィン中に発見!

素敵な取り組みだよね。
なかなかまね出来ないことです。きっとよいことあるよ。地道にがんばってね。

ナオキン君はバフを楽しんだようです。
触って1日目にして他社のものとの違いに気がついたようです。

見た目だけではなく、色々なところが結構バランスよく出来ています。一つ一つに意味があります。明日は風呂掃除だそうですが、頼まれてもいないのに玄関あがりあたりバフっちまうかもしれません。

ルールをわざと無視する使い方もね。シリコンバフも面白いのはここでは内緒にしておきます。(笑)


う~ん。
次は何かまた面白いこと考えなくちゃね。

« キサンタンガムでの増粘 | トップページ | 草加で引越前のハウスクリーニング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キサンタンガムでの増粘 | トップページ | 草加で引越前のハウスクリーニング »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28