« ハンディークラウンの76.2ミリ | トップページ | 仲間に感謝 »

2008.12.21

アズマサッシブラシ

アズマサッシブラシ・・・なぜだかバナーがボーノちゃんです(爆)

肖像権を勝手に使用しているので、先日お歳暮をお送り返しました。(笑)

今はもうマイナーチェンジしてしまい、そこらへんのしょっぱい金物屋(お宝の倉庫)でしか発見できないブラシとなりつつあります。

ん?そこらへんの店で売ってるじゃん!
毛が違うんです。白でも同じグレーでも毛が違うんです。

アズマサッシブラシのサイトに少し書いてありますが、気の染色や素材がまるで違います。

だからすぐ毛先(ブラシの先端)がぐしゃぐしゃになってしまいます。
このようになるまでは到底使えません。
12216

毛の柔軟性と腰が良く、僕の万能ブラシの一つです。
僕はこのブラシの側面も使うため、グリップは加工せずこのまま使っています。

サッシブラシオンリーとして使うならグリップが若干細いですが、僕の手のひらは女性と同じぐらい小さく足のサイズも身長178にしては25と小さめです。

こお言った良い物が改良されて、モデルチェンジするたびに前よりつまらないものになるのはなぜかといつも疑問に思います。

車もそうです。水周りもそうです。ユーザビリティーより付加価値の時代なんでしょうか?何か違うような気がしますね。


これなくなっちゃったらどうしよう??
どうもしません。

そこらへんのものでできるから気にしません。
使い勝手の良い物がなくなるのは寂しいですが、固定概念と完全マニュアルではいけません。

そこに自分のソースを付け加えてオリジナルマニュアルにしてしまいましょう。

そのオリジナルマニュアルも突然改革がなされることがあります。
それで良いのだと思います。

何事もつくつめていくと終わりわありません。
今はこれで良いと思っていても来年の今頃は変わって当然なんです。


と言うわけなんで、こないだはゴミの中から出てきた「高野豆腐」でみがいてみました。
吉沢君にもナイショにしておいたのですが、仕上がり変わっていなかったでしょ(大笑)


とかく現代はマニュアル人間が多く、壁に当たるともろくも崩れてしまいがちです。
自分の中で固定概念は作らないほうが良いのではと思います。


そお言えば、足立区の現場でいつだったかワックスを塗るのに、ワックスモップに換気扇のフィルターをマジックテープでつけて使い捨てで行なおうとして、ボーノちゃんに塗ってもらったのですが、とても迷惑な困惑した顔をしていました。

とまあ、ダメもやっていくうちではあるのですが、面白い角度からの発見も数多くあります。しかしそれは思っているだけでは絵図に過ぎず、やってみることが大事なんです。

初めからダメだとか使ってもいないうちに「そんなもの」なんてのはいけません。
やってみないとわからないと僕は思います。
今日に至るまで僕はチャレンジャーです。


そうそう、アズマのサッシブラシついでにアズマでよいブラシがあったんだっけな。
12217

これも確か廃盤じゃなかったかな?
なくても問題ないけどあってもよいブラシです。

下のぐらい減ると、クッションフロアーのくぼみのこ汚いのなんてのがきれいに取れます。腰には入れていません。手桶に入っています。

換気扇のフィルターなどにも最高で握りやすく力も程よく伝わりますよ。
たぶんもう売っていないんじゃないかな?
ココ1年ほど見てないから。

アズマのサッシの良いほうもあげちゃったりで残りは10本しかありません。
あれの側面や角は最高です。

と言いつつ、こないだは水箒やゴンボなどでクリーニングしていた時期があり、みんなの絶好の笑いの的でした(爆)http://www.kikumi.co.jp/mame/index.htmlココを見てみるとわかると思います。


1月9日の洗剤の説明と勉強会


« ハンディークラウンの76.2ミリ | トップページ | 仲間に感謝 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンディークラウンの76.2ミリ | トップページ | 仲間に感謝 »

フォト

チワワ軍団

  • オラ 悟空!
    おそうじ日記とは関係ないんだけど。 総勢6匹のわたしの子供達です。
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30