« キッチン磨き | トップページ | 大掃除 »

2008.12.30

次亜塩素酸塩

私のところは「次亜塩素酸塩」12%の混ざり物のないものを使っております。

次亜塩素酸塩は、ノロウイルスは、消毒用アルコールやミューズなどの一般的な薬用ハンドソープでは死滅させることが出来ません。ノロウイルス対策で1番有効なのは次亜塩素酸ソーダで処理することです。

調理器具の衛生管理は、熱湯消毒を行うか、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すように拭くエタノールや逆性石鹸はノロウイルスには効果がありません。

吐物・排泄物の適切な処理方法は、ペーパータオル等で静かに拭き取った後、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すように拭き取る  塩素濃度200ppmの次亜塩素酸ナトリウム液は水2Lに対して当社次亜を3.5ml(ペットボトルのキャップ1杯が約5mlです)

ノロウイルス対策以外の用途としましては、水、調理器具、フキン、生野菜、果物の消毒、殺菌、漂白などに対応できます。プールの消毒にもおすすめです!!


前は冬場だけ使っていました。
夏場や紫外線に次亜塩素酸塩は弱く、1月もすると夏場だと市販のよりも弱くなってしまいます。今年は冷蔵庫に保管して、使う分だけ朝そこから出すようにしようかな。

市販のブリーチ系洗剤と落ちがまるで違うんだよね。
吉沢君に使わせてあげたら、驚いていました。

液性は中性です。市販のハイターやブリーチはアルカリ性です。
水酸化ナトリウムが浸透性を良くするために入っているからね。

水酸化ナトリウムは苛性ソーダを溶かしたもので、0・5~1%前後入っています。
次亜塩素酸ソーダには入っていません。

僕らは用途によりその他の物をその場で付け加えて洗剤とします。その場にあった使い方をします。カビ取りなんかはカビ取り洗剤をはるかにしのぎます。


以前は市販の業務用洗剤を使わず、薬品から洗剤をすべて使っていた時期もあります。楽しいですね。

次亜塩素酸塩12%は、若干においも濃い目です。しかし、ある工夫をすることで、「臭い控えめ」の洗剤以上に臭いを抑えられます。

基本的に水で流せる場所に使いましょう。
アルコールと混ぜてもダメです。もちろん酸と混ぜてもいけません。

酸と混ぜて平気な酸が1つだけありますが、ここでは伏せておきます。工夫をすることで事故につながりかねないですから。


私たちのような個人の業者であれば、外で保存するような方が多いと思います。高くつくが18リットルで買わないで、使う分だけそこらへんで買うのがベストです。

安いからと大きな缶で買うと、塩素濃度は下がります。そこらへんの薬局で使いきり容器で買うのが良いのかもしれません。弱いけどね。また、中性としての活用は出来ないけどね。

次亜塩素酸塩の大きいものを買うのであれば、空気に触れないコック式のよう気にしましょう。最近のワックスも箱できますよね。あんな感じです。


あなたの持っている「ニイタカブリーチ」や漂白が弱くなってきたと感じませんか?それは、徐々に次亜塩素酸塩の有効成分濃度が落ちているからだと考えられます。

また、12%のものを18Lや20Lで購入するならば、数人と分けて使うと良いでしょう。2ヶ月以内に使い切るようにしてあげましょう。

« キッチン磨き | トップページ | 大掃除 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キッチン磨き | トップページ | 大掃除 »

フォト

チワワ軍団

  • オラ 悟空!
    おそうじ日記とは関係ないんだけど。 総勢6匹のわたしの子供達です。
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30