フォト

チワワ軍団

  • オラ 悟空!
    おそうじ日記とは関係ないんだけど。 総勢6匹のわたしの子供達です。

« 風呂のタイルの水垢 | トップページ | 風呂の御影石のクリーニング »

2008.11.15

ガラス張りの風呂の扉

11155


このようにスケルトン状態の風呂の扉も少なくありません。多くの場合はガラスに見えますがガラスではなくアクリルだったりします。

ガラスの場合は前処理をして山が7分くらいの亀甲ダイヤでも大丈夫ですが、アクリルの場合や不いるぬが貼ってある場合などはダメです。

必ず目立たないところで試してみましょう。そして、電気を消して懐中電灯を照らしてみてみましょう。どのくらいでどのようになったかを確認しましょう。

お客さんに聞いてもわからない場合が多いですが、「コンコン」と叩いてみた響き方でわかります。四方をこのアクリルで固められていたときには死にました。六本木の超高級マンションです。芸能人も多く住んでいるらしいです。

僕のところの場合は「水周りのセット」で頼まれることが多く、単品で頼まれることが少ないです。年間通して数件しかありません。

風呂が気になる人はレンジフードも気になるわけで、どうせならお買い得な水周りセットにしよう!と言うことになります。で、洗面は我慢できるのでトイレとレンジフード、五徳やグリル、シンク吊り戸棚などを含めたキッチン、風呂の4点セットやどうせなら水周り全部やってもらおうと、洗面所を含めた水周りの5点セットが半々ぐらいです。

中古のマンションのないそうにお金がかかってしまったので、水周りだけプロに頼もう!!このパターンも多いです。で、ワックスも・・・やっぱし全部頼んだほうが全然特じゃん!それで全体を頼む人が8割です。

収納の中も人の臭いがするのは僕なら我慢できません。ベランダや窓も自分でするとなかなか決まらないものです。時間もないので結局全部にしようと思う人が多いのうなずけますね。


アクリルの場合は、ファブリックシートや亀甲ダイヤの2分山ぐらいの物を使います。気をつけなければいけないのは、水を流しながらやらないと取れた水垢のカスで傷がついてしまうことです。

アクリルの場合酷い場合は多少傷が入ってしまいます。お客さんにもちゃんとこうしてこうなるとこうなる、どれを優先させるかを話し合います。「くもり止め鏡」の場合も一緒です。

「くもらない鏡」はお伺いする頃にはくもるようになっていることが多く、水垢を取ることをお客さんは優先させます。コーティングをしてあれば何もしなくて良いわけではない。そこに水垢はつきます。いつも言いますが、手入れがしやすくなるのであって手入れ不要ではないんです。努力も必要なんです。


アクリルガラスの場合やフイルムが張ってある場合は、サンダーでは行わず手で時間をかけて行ないます。一度に全部やらないで必ず様子を見ます。ぬれている状態ではなく必ずから拭きして確認しながらやります。時間はかかります。

この程度の縦の細かい傷が入るが良いか?お客さんに確認してみましょう。お客さんご自身でやる場合は、力加減に注意してください。指と手のひらで汚れを感じる程度添えてください。少しでも近道をしようとすると深い傷が入ります。

私のところはご要望があればアクリルもコーティングします。従来品ではなく1年に一度頼んでいただけてやり直すことが前提の場合です。他社にも迷惑がかかりますから。

11156

このセットでダイヤモンドパッドもコーティング剤も1Lとプライマーも剥離剤も含まれています。今なら玄関のテラコッタの土間や玄関のタイル、玄関の艶無し大理石、バナー仕上げの御影石、レンガのコーティングであるBの試供品と説明書や使用箇所説明もついてきます。

使ってみたい方はメールか電話でご連絡ください。

ドライヤーを使うことで数分で作業は完了しますよ。少し高いけど・・・
他にもカウンターや風呂の淵などにも施工できますが、ストリッパーを使う時注意しなくてはいけないのは、色抜けする可能性があるので試してから出ないとダメです。

特にグレーやパープルなどは厳しいと思います。塗り重ねるなら大丈夫です。ハイバフやファブリックシートやみがい太郎Ⅲなどで研磨して平らにして塗り重ねるのも良いのかもしれません。まだこれから剥離については考えて行きたいと思います。


« 風呂のタイルの水垢 | トップページ | 風呂の御影石のクリーニング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 風呂のタイルの水垢 | トップページ | 風呂の御影石のクリーニング »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28