フォト

チワワ軍団

  • オラ 悟空!
    おそうじ日記とは関係ないんだけど。 総勢6匹のわたしの子供達です。

« 消費の2極化 | トップページ | フローリングの剥離作業(フロアー材の剥離) »

2008.09.30

フローリングの剥離(フロアー材)

9291
9292
9293


う~ん。まいちゃうよな~。

床がとんでもないですね。

家具を置いてある状態で中古物件を決めてしまうとこんなことがあります。

でかいラグマットやソファーで隠されていて床の状態がわからない場合でも中古物件を購入する方も多くいます。ケツも決まっています。引越日ですね。

前日にテストをして目立たないところで試してみました。「縮れちゃうかな?」「浮いちゃうかな?」30分・1時間と剥離剤を塗ってみてみます。

最悪なのは、シリコンは塗られていませんでしたが、アクリルワックス・ウレタンワックスをはじめ数種類のワックスが適当に塗られていました。

クロスを見に行ったときに養生からかをお出している部分やリビングと玄関の所に、「ん?なんじゃこりゃ~~?」を発見。クロスの張替え作業の邪魔をして見る。

車に戻り必要な物を持ってきてテスト

ココは取れるがココは取れない。うっ!その下にも・・・ブルータスお前もか状態です。

クロスが終わり全部床の養生を取って持て唖然・・・


通常は剥離が大嫌いな僕です。しょうがないな。

前々日に試した場所も問題ありません。本来なら0.5平米ずつ手で剥離します。25帖あるので2日かかります。

予算はともかく日にちもありません。


フローリング用の中性の剥離剤をメインに使います。フロアー材がアルカリにより黒ずんだり、めくれたり、縮れたりしてしまうのを防ぐためです。また、ウレタンの部分は中性の剥離剤だけではきれいに取れない。工夫が必要です。

安い剥離使うと床がひび割れます。
フロアー材やフローリングを剥離するときは、まず目立たないところでテストして行うことが原則です。いきなりスカットなどまかないように(笑)

フロアー材は再三言うように大変見た目より弱いのです。
新規の床で窓を洗っていて水をこぼして、バックレテいると「しわしわ」になってしまうこともあります。でも、全部養生するのはお勧めしません。

シップによりさらにとんでもないことになりますよ。

ドライ剥離は私はやったことはありません。在宅などでは粉だらけになっちゃって取れないしたいへんだっったと良く聞きます。

ユーホーの中性剥離剤はひとつは持っておきたいアイテムです。使い方を帰ればあんなことやこんなことも出来てしまいます。

あれとあわせると、魚焼き本体の中のグリルのこげも浮いてきます。コンロのバーナー本体も、ごっついチャンネルブラシかまさなくても大丈夫。

ここでも固定概念を捨てるわけです。
ぶっつけ本番のチャレンジは絶対すすめないけど、試してみていければやってみることです。


よく、こんなになってしまったのですが、気をつけていたんですが・・・

本当に注意した?試してないでしょ(笑)
いきなり広範囲かまして水切って乾いてから、あっ!やべ~~・・・
だめですよ。

紫外線で焼かれた玄関ドアーの表にいきなりケミクールスプレー攻撃・・・いけません。
フラッシュに剥離スプレー・・・そんな癖つけているとマダガスカルにしてしまいます。建具によっては1本7万もするものもあるので気をつけてね。

テーマは繊細で大胆にです。

で、逃げ癖をつけちゃあダメです。
あなたの中で「どうせダメだろう?」「無理だな」そう思って望んでいませんか?魚の本体の焦げは落ちない物、バーナーの付け根のこげは壊れるといけないのでしない・・・

そんなとここそ重要なんだよね。
お客さんはそこ取れないから高い金払ってあなたに頼むんだよね。
期待にこたえられるよう頑張ってみてください。

面倒だからと逃げないようにしましょう。

3DK¥18,000の賃貸などではそうも行ってられない場合もあります。ホームページから来たお客さんは、あなたを評価しあなたに頼んだ。

それに答えるように努力してみましょう。


最近でこそ失敗はなくなりましたが、以前は俺もたくさんの失敗をしてきた。ふてくされて仕事しているときや、依頼がたくさん来て自分がえらくなったような馬鹿な勘違いしているときに多かったかな?


ん?こんな時間だ!そろそろしたくしなくちゃ。
今日は立川で毎月やらせていただいている、法律事務所の定期清掃です。

定期は燃えないので基本的にはキライです。でも、お客さんが望むならその中でも一生懸命やるだけです。

帰ってきたらフローリングの剥離の続きを書くとしよう。
いってきマンモス(フルッ)

« 消費の2極化 | トップページ | フローリングの剥離作業(フロアー材の剥離) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 消費の2極化 | トップページ | フローリングの剥離作業(フロアー材の剥離) »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28