フォト

チワワ軍団

  • オラ 悟空!
    おそうじ日記とは関係ないんだけど。 総勢6匹のわたしの子供達です。

« 光通信 | トップページ | ファイヤーフォックス »

2008.03.05

チワワ脱走

1167_4


今朝はチワワのシロが脱走しました。

父親の日課の朝の散歩で、離れていた大きな犬と遭遇しパニックになり脱走しました。

1時間ほど美佐子とオヤジと私の3人で手分けして探しました。

さんぽコースを時間ほど探しました。家のそばには所沢街道があり、そこは車の往来が結構激しく大型車もたくさん通ります。

上にいると、子供チワワの鳴き方が変でした。明らかに呼んでいる声です。下に下りてみると紐につながれた3匹の子供チワワがいるのが確認できて、シロがいません。

シロは5キロを越える精悍なチワワのロングコートですが、小心者なのです。他の犬が来ると大きな体を小さくして私の陰に隠れます。何かに驚きに出たのだとすぐにわかり、寝巻きのまま探しました。

シロ!シロ!呼んでも反応はありません。もしかして所沢街道の向こうに行ってしまったのか?私たちとオヤジのルートは違い、オヤジのルートは私たちの倍の大きな円です。

所沢街道に出てみると、横断歩道を渡り小山ドライビングスクールの方に行きかけているシロを発見!シロ!!大きな声で呼びました。

100メートルほど全力疾走で走ってきました。良かった。ほっとしたのもつかの間、私の横をすり抜け今までに見たことのないような走りで駆け抜けました。

すぐさま追いかけました。まるで追いつきません。すれ違いざまシロは悲しい声で仲間を呼んでいました。パニックになってしまっていました。秋水園の信号を左に曲がったのが確認できました。

私の全力疾走も100メートルしか続きません。必死だったため、私の足首から血が出ていました。何とかそこからまた左に曲がって無事に家の付近に行ってほしい。そして美佐子かオヤジが捕まえてくれればと思いながら捜索の範囲を私は更に広げました。

シロを捕獲しようと思い背中に触ることが出来たのに、まさか逃げるとは思いもしなかったので、触っただけに最悪の結果になってしまったらくいが残ります。

途中で家の近くに行ってみると、美佐子がいて、彼女も今しがたシロを発見してシロ!と呼んだら逃げられたのですが、家の方にシロが行って、オヤジが家の中に入れたといっていました。

それを伝えに私を探していたんですね。他の子たちとの確認と挨拶が終わり、少し落着いていました。怪我もなく無事見つかって何よりです。ずっと讃題と三礼を唱えてしまいました。無事お助けしていただき心からの感謝を伝えました。

逃げたシロが悪いのでしょうか?そうではありません。どんな時も注意をしていない私たち飼い主側に責任があるんです。リードがゆるかったなどの言い訳は通用しません。シロを起こるのは間違いで誤らなければいけないのです。

責任は自分にあるのですから。6匹チワワがいてもすべて性格が違います。飼い主がより理解してあげれば防げることや大事に至らないことはあると思います。オヤジだけを攻めるわけに行きませんが、コレでより注意を払ってくれるようになるはずです。

後ろにも目がなくてはいけないのです。のズラかましていてはいけないんです。常に回りに配慮していなければいけないんです。何事も真剣に行わないとね。

シロが脱走して迷惑をかけた車の運転手さんすいませんでした。轢かないでくれてありがとうございました。また、所沢街道で101回目のプロポーズなみに両手を広げてとめてしまった乗用車の運転手さん、大型トラックの運転手さん、ご迷惑をかけて申しわけありませんでした。


捕まえそこないすれ違ったときのシロの悲しい声が今こうしていても耳に残っています。怖い思いをさせてしまってごめんね。

« 光通信 | トップページ | ファイヤーフォックス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 光通信 | トップページ | ファイヤーフォックス »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28